ルームシェア初めまして。3ステップで契約前まで

process

ルームシェアは楽しそうだけど、何から始めればいいかが未知数。確かに、これにはたくさんの方法があって、成り行きでルームシェアになってしまうこともあります。ただし、友達同士のノリや、あまりも考えなしに、あるいは「男女のルームシェアをすれば、ヤレると思った」なんて浅はかな考えではルームシェアがあだになってしまうことも…。

とりあえず、ルームシェアを始めるにあたって、「契約前」まで行ってみましょう。この契約前にメンバーで話し合うことなどは別の記事で紹介しますが。今回は、契約前までどんなステップで向かうべきなのかを一緒に考えてみましょう。

契約前までは、そこまで重鎮な足取りで進める必要はありません。ということで、誰でも真似することができるルームシェアを始める前の前までのフレームワークを簡単にご紹介したいと思います。

ルームシェア専用の掲示板で仲間を募集

apply

友達同士でルームシェアを始めるのもいいですが、一方でオススメできないところもあります。大事なところまで、なあなあになってしまう恐れがあるのです。新しく、多少距離感のある状態で始めた方がかえってうまくいくものなのです、ルームシェアってのは。

「ルームシェア」とGoogleで検索をすると、幾つか募集の掲示板サイトを見つけることができます。そこで、自分で募集を掲載するか、もしくは誰かの募集に乗っかってみましょう。どちらもするのがよいです。ルームシェアする前に、いろんな人とあってみることがぴったりのシェアメイトを見つけることに繋がるのです。

募集からメールを送ってみて、会ってみましょう(もしくはSkype)

miyako

メールのやり取りをして、実際にシェアメイト候補と会ってみましょう。なるべく、お互いの個人情報をメールでやり取りするようにしましょう。国内でも出会い系が一般的になってきたとはいえ、まだまだオンライン上で見知らぬ人と会うのは注意深くいきましょう。特に、女性は。

お互いのことが分かりきってきたところで、実際に会うもしくはSkypeしてみましょう。そこで、相手の印象で「一緒に暮らせるかどうか」を判断しましょう。可能であれば、ルームシェアをする人数で初見会えるのがベストでね。

物件検索サイトから、探し始めましょう

nifty

仲間が決まったら、お互いの環境にぴったりな物件を探していきましょう。SNSで、物件の情報リアルタイムで共有しながら、お互いにとって最高の物件を見つけられるといいですね。物件探しを、最初にせず、仲間が揃ってするべきなところは、ここで始めて共同作業となるからです。

どんなにしっかりしているように見えても、この物件探しを任せっきりにするような人がいれば、家事もろくにしないはず。もしかしたら、ルームシェアを考え直した方がよいのかもしれません。

いかがでしたでしょうか。まずは、「契約前」までのステップを踏んでみては??

スポンサーリンク
スポンサードリンク



スポンサードリンク



スポンサーリンク
スポンサードリンク