恐ろしすぎる!Airbnbの本当にあった10の被害!!

airbnbcareful

見知らぬ誰かが、誰かの家に泊まりにいく。一見、危険なことのようにも思えますが、これが実現したらどんなに素晴らしいことか。Airbnbはまさにその絶対不可能な「共有経済」を実現した、大袈裟に発言してしまえば、人類を文化的に進化させたサービスです。

とはいえ、やっぱり完全にはなりえません。どんなサービスも、人のやること完全じゃありません。Airbnbはましてや、人と人によって成立しているものですから、どうしてもしょうがないことがあってしまうものです。。

そして、実際に起きた異様なるAirbnbで発生した惨劇たちが…!
残念ですが、これも現実。一つずつ、向き合って確認していきましょう。

ありえない乱●パーティの始まり

ニューヨークのコメディアンだったテマン・アリ氏は、ゲストに部屋を貸し出しました。そこは、マンハッタン地区のチェルシーであり、高級住宅街でした。しかし、貸し出された部屋はなんと、男性と女性が素っ裸で入り乱れる乱●パーティに使われることに。これによって、テマン氏は多額な損害を受けることになりました。

覚せい剤中毒者の暴走がするなんて

オークランドの青年は、若い女性に家を貸し出したところ。まさか、彼女が覚せい剤中毒で狂う人間だと思ってみませんでしたが、彼女はそうでした。家を破壊された挙句に、出生証明書を盗んでいきました。

まさかの犯罪に巻き込まれそうに

女性がマンハッタンのアパートを借りる際に、起きた事件。その賃貸は元軍人だった女性によって貸し出されたものだと聞いていたのですが、いきなり部屋に電話がかかってきて、事情をよく聞いてみると、貸し出した女性はお金が払えず売春婦をしていて、男に追いかけられていたことが明らかになったそうです。

急な立ち退きにたじたじ

ある旅人がAirbnbを使って宿泊をしようと試みたところ、すでにホストとのやり取りはできていたものの。ホストが予約ボタンを押していなかったがために、急遽キャンセルを押して、なんと泊まることができなくなってしまいました。結局、彼は別の場所で泊まることにしたのです。

ベルリンで詐欺師現る

ベルリンを旅行中のことでした。Airbnbで予約した家に向かうと、男性が歓迎してくれました。しかし、しばらくすると、ロシア人の太った男性が急に私に向かってカンカン怒り出しました。なんと、その物件は男性が騙していて、全く別の男性が住んでいる物件だったのです。

つかの間の貸し出しで、全てを失いました。

Airbnbで貸し出していた自分の家に一週間後に帰ってみると、なんと彼女のアパートが空き巣に入られて、荒らされ、あらゆるものが盗まれているものを見つけてしまいました。

ペントハウスは残酷なまでに汚されて

女性は、写真は普通でしたが、会ってみるとなんとも気の乗らない相手にAirbnbを貸し出すことにしました。そのよくない予感を的中し、なんと彼らは見事なまでに家を荒らしていきました。コンドームの数々と、排出物が部屋に散らかっており、最悪の状態だったといいます。

売春宿に使われたホストの家

貸し出した宿が売春宿として使われていたみたいです。デリヘルのホテルが、Airbnbになるっていうのはちょっと嫌な気しかないですね。結局、被害を受けた人は警察に通報して、なんとなく一件落着したみたいです。。

性的暴行は頼んでない

スペインへAirbnbを使って宿泊したとこと、ホスト先が体は男性として生まれたが中身は女性の人間であり、宿泊した少年が性的暴行を受けることになりました。彼は部屋に閉じ込められ、何度も説得を試みたが、結局、それは叶わなかったといいます。

囮販売も常駐しているらしい

女性がAirbnbで物件を予約していました。イベントで満席の中で、なんとか苦労して取った物件だったので、大変喜んでいました。しかし、実際に行ってみると、その部屋は存在せず、なんと囮販売がなされていたのです。それはもう途方にくれたとのこと。

Airbnbも画期的なサービスではありますが、ケアが行き届いているとは限りません。もしかしたら、ここで紹介したものよりも、ずっと恐ろしい事件に巻き込まれるかどうかも分からないものです。相手を信じることと、疑うこと、こんな時代だからこそ、この両方を徹底して、最高のシェア生活を目指しましょう。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



スポンサードリンク



スポンサーリンク
スポンサードリンク