コインロッカー革命はじまる。カフェやレンタサイクルが預かり所にecbo cloak

sub8

コインロッカー使いたいのに…。日々生活していれば、めったに利用することのないユースケースではありますが、必要なときに限って全部埋まっていてかなり困る問題です。この”コインロッカー難民”!個人的に困ったのは、ビザの取得で大使館に行く時ってバッグを持って入ることができないのですが、近くのコインロッカーがすべて使われていて参ってしまいました。最終的には、近くのホテルクロークに預けるという荒業で解決したわけで。

実際に、その時にコンビニや弁当屋に「お金払うから預かっててくれ!」って頼んだりもしましたが、NGだったのです。これをまさに解決してくれるサービスがとうとう到来しました。2017年1月18日、渋谷のカフェを荷物預かり所とする『ecbo cloak』がスタートしました!

ecbo cloakには、カフェやレンタサイクルを始めとするローカルなスポットが荷物預かり所として登録をしています。旅行客などには嬉しいですよね。ホテルのチェックイン時間までや、ホテル先まで行くのが大変な時に預かり所があるのはかなりありがたいおの。このプロダクトは訪日旅行客が急増していく見込まれる2020年に向けた大切な布石になること間違いありません。

料金はバッグサイズが1日300円、スーツケースは1日600円。重たい荷物を持ったまま、移動することを考えれば大した金額ではないですね。すでに渋谷のカフェなど中心に100店舗以上がecbo cloakに登録しているということです。

sub9

まさに、「これぞシェアリングエコノミー!」と呼べるようなサービスが新しく登場です。カフェ側は空きスペースを使って副収入を得られるだけでなく、PR効果も見込めるということです。これからは、待ち合わせ場所なんかにも使われていくかもしれませんね。

登場してきたecbo cloakに期待が高まるばかりです。

sub5

スポンサーリンク
スポンサードリンク



スポンサードリンク



スポンサーリンク
スポンサードリンク