【転載】子育てと仕事をシェアする「nico*lab work」2017年1月~募集開始

※ 本記事はPR TIMESによるプレスリリースを転載したものとなっています。

【募集】2017年1月~三重県の北勢・中南勢・東紀州地域にて、乳幼児期の子育て中のママ達だから参加できる「nico*lab work」募集開始。仕事も子育ても助け合って行っていくワークシェアリングとして、3年前に特定非営利活動法人マザーズライフサポーターが構築し、提携企業・農家数22社、述べ343名のママ達が参加し、実施してきました。そんなニコラボが来季の募集をスタートします。

特定非営利活動法人マザーズライフサポーターが運営する大好評事業「nico*lab work」

「nico*lab work」とは三重県全域で展開する、子育てママと地域を結ぶ新しい働き方です。

ワークライフバランスに注目があつまる時代の中で、子育てを最も大切にした働き方を考え、実践しています。

main

◎乳幼児期のママ達が社会復帰する上で直面する課題◎
「子どもの急な病気やトラブルによる欠勤」
「保育所と仕事探しを同時に行わなければいけないリスク」
「短時間労働を見つける困難」
「子どもを手元から離す事の罪悪感」
など様々な課題に対して目を向けで、
現役のママ達で考え抜いたシステムが「nico*lab work」です。

sub4

この仕組みは
就労ママと託児補助のママ・待機ママ達が共に助け合って就労期間を回していくので、
急なお子様のトラブルにも待機ママが代打で出勤。
連れてきたお子様も子連れ保育士や託児補助のママ達が見るので、

相互援助の仕組みとして、多くのママ達が初めて子どもを預け・時には預かってあげることで、
仲間感をつくります。

sub1

また、地域の中で仕事をする喜びを見つけてもらい、
女性の社会復帰をサポートしています。

子育てを一人で背負いこんで孤独を感じているママは沢山います。
だからこそ、一人じゃない!って思える仲間を見つけ、社会に復帰した後も支えあえる人を見つける為に
ママ同士も地域ともつながれる…。

それがnico*lab workです。

そんな「nico*lab work」2017年の参加者の募集をスタートし、説明会を各地域で行います。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



スポンサードリンク



スポンサーリンク
スポンサードリンク