安心と憩いの空間づくり。フォレスト松庵

杉並区は東京23区ある中でも、とりわけ温かさを感じる。それは、人が人を迎え入れてくれるような、思いやりが生み出す温かさです。渋谷と吉祥寺を結ぶ、京王井の頭線は都内有数なベッドタウンとなっており、車窓から見える景色には、たくさんの家庭が通り過ぎていきます。

私が今回、訪れたシェアハウスは「フォレスト 松庵」。最寄駅は、久我山。渋谷、新宿へ出るにも、もってこいのアクセスにあります。リノベーションが行なわれ、次々と建物が他国の文化に則り、移り変わっていく中でこのシェアハウスには古き良き、趣が感じられました。立地・日当たりの良い建物、そして、魅了されて住みつく人々。

フォレスト松庵にあるのは、”地域”に輪をかけて暮らすという生き方。
長年、不動産業界に携わってきた『小林プロパティサービス株式会社』さんに、この久我山にみんなで暮らすお家を紹介していただくことになりました。

フォレスト松庵

小林プロパティサービスは、久我山駅から徒歩10分、西荻窪駅から徒歩13分のとても落ち着いた雰囲気の街、松庵にたたずむシェアハウスに隣接してオフィスがあります。杉並区出身の運営者ですので、最寄りの西荻窪、久我山、近くの吉祥寺や浜田山など杉並のことでしたら何でも聞いて下さい。

フォレスト松庵

内見に応じてくれたのは、代表の小林浩司さん。長年、不動産業界で培ったノウハウを生かして、プロフェッショナルな運営を手がけています。かつて、インドでキックボクサーとして活躍されていた過去もある、ビジネスにもストイックに取り組んできたのを感じさせてくれました。

ー いつも、(住人の皆さんは)何時頃帰られるんですか?

7時ごろですかね。それぞれですが、極端に遅かったりするような人はあんまりいませんね。

フォレスト松庵

ー 女性の方が多いっていうような印象を受けるキッチンですね。

そうですね、自炊されたりしているみたいです。

ー 使っている感が出ています。

冷蔵庫はここにあるのと、別に小さいものがある部屋もあります。(みんなで食べることができる)フリースペースも用意しています。住人の皆さんは仲良くやってくれています。お庭ではバーベキューやったりもしています。

フォレスト松庵

ー 写真は住人の方が?

そうですね。最初は少なかったんですが、皆さん貼られていて、だんだん家の雰囲気も変わってきました。

フォレスト松庵

ー 何人くらいで住んでいるんですか?

8部屋あります。

フォレスト松庵

ここは静かな環境なので、駅からの距離はちょっとありますけど、一回来れば慣れるものですし。住み始めた方々からは、快適だという感想をいただいています。

ー このあたりは、あまり海外からやってくる外国人からしたら馴染みなさそうですもんね。

海外の方が初めていらっしゃるような場合は、駅まで車で迎えにいってあげるようにしています。たいてい、迷子になっちゃうんですよね。Googleマップで来てもらっても、一本違う通りに来ちゃったり。(笑)

ー 初めた当初と、(フォレスト松庵に)入れ替わる人たちって変わってきましたか?

もともと、私の前は東京メゾンさんが担当していたのですが、彼も私と一緒でインドが大好きなんですよ。なので、最初は海外の人たちが来てくれるようにしていたんですが、実際に需要があるのは日本人が圧倒的でした。去年、私が引き継いでからは外人さんが多いですね。

ー 日本人の方だと、どういう層が多いんですか?

けっこうばらつきありますが、20~30代の方が多いですね。

フォレスト松庵

ー こういう庭とか、風景って海外いらっしゃる方とか喜びそうですよね。日本の伝統がそのまま生きているみたいで。

フォレスト松庵を案内されていて発見したことは「クリエイティビティ」です。普通、この言葉は0から何かを生み出すような場合に使われることもあるのですが、ここでのクリエイティビティとは他にはない徹底的なこだわりです。小林さんは住人さんが、家ではリラックスして過ごせるようにと、生活必需品を拡充したり、ゴミ出しを自分たちでやったり、細かい気遣いをどこまでも行き届かさせていました。

派手なことではなく、非常に小さなことかもしれませんが。それこそが、住んでいる人たちが無意識で感じる居心地の良さであったりもするのではないでしょうか。そんなフォレスト松庵で、新しい生活を始めてみてはいかがでしょうか。

フォレスト松庵

アクセス:京王井の頭線 久我山駅 徒歩11分
入居条件:男性OK 女性OK 外国人OK

スポンサーリンク
スポンサードリンク



スポンサードリンク



スポンサーリンク
スポンサードリンク