テラスハウスでも流れてた!?ルームメイトと一緒に聴きたい音楽20選【保存版】

people-woman-girl-technology

テラスハウスは、ドラマもそうですが、割とBGMがいい味を出しているところはありますよね。きっと、生活の中で音楽というのは一つ大事な要素を占めているようなする気がするわけですね。ふむふむ。

今回は、ルームシェアを始めた時になんとなく流しておきたい音楽を紹介していきたいと思います。知っているような曲から、なんとなく世代間が出るものまで。音楽を流しているだけで、ちょっと気持ちがはずんでくるものです。ルームメイトの生活が、まるでドラマのように写ってくるかも!

それでは、オススメな20曲を紹介していきたいと思います。

Taylor Swift – We Are Never Ever Getting Back

テラスハウスの定番といえば、テイラースウィフト。この曲は特に使われることも多いですよね、この曲が流行していた時期も思い起こすと懐かしいですね。

Carly Rae Japsen – Call Me Maybe

カーリージェイプソンも外せません。どうしても電話してほしいけど、強く言い切れない気持ちを「よかったら、電話してね」と言ってくれたNo.1ヒットチューン。

Justin Bieber – Beauty And A Beat

ジャスティンビーバーのPVもいい感じなポップチューン。セレーナゴメスとの傷心を表現している曲としても有名。PVに出てくるみたいな家でルームシェアしてみたい。。

Bungles – Eternal Frames

優しいメロディで、魅了されるバングルスのエターナルフレイム。ドラマでもよく使われている曲ですよね。バングルスのボーカルは、もともと最近亡くなったプリンスとも交際してたんだとか。

Owl City & Carly Rae Japsen – Good Day

休日は、グッドデイを聴きながら、ルームメイトたちとキャンプにでも出かけたいものです。ミュージックビデオも一緒にみると、心が踊ります。

Maroon5 – Payphone(Explicit) ft. Wiz Khalifa

マルーン5はどの曲を聴いても、爽やかで、最高。ルームメイトと喧嘩した時に、そっと流してみて、仲直りをするなんていうのも良さげですよね。

P!nk – Raise Your Glass

映画「ニューイヤーズイブ」にも使われていたノリノリな、ついつい踊りだしたくなっちゃうチューン。ホームパーティなんかをする時には良さそう。

Chocolate – The 1975

イギリスのポップバンド、1975のヒット曲。おしゃれすぎる、メロディについつい聞き入ってしまいます。料理をする時なんかにも良さそうです。

Ben Folds Five – One Angry Dwarf and 200 Solemn

ロックでは珍しいギターレスな、ピアノの音が美しいベンフォールズファイブによる一曲。テラスハウスでも使われていたみたいですね。

Taylor Swift – 22

テイラースウィフトの等身大を歌った一曲。22歳の頃を思い出しながら、ルームメイトたちとちょっぴり若いころに戻って、遊び出かけてみませんか。

Backstreet Boys – I Wnat It That Way

バックストリートが流行っていたのが、もう10年以上も前だなんて信じられませんが。きっと、聴いていた人は少なくないので、きっと流せば「懐かしい…」となること間違いなし。

Sum41 – Still Waiting

夏休みの41日目に生まれたビッグバンド、サム41。どの曲もパンクでかっこいい、ちょっとルームメイトたちで気合い入れようって時にもオススメです。

That’s What You Get – Paramore

パラモアを聴いて青春時代を過ごしている人は少なくないはず!?特にこの曲が入っているアルバム「Riot」はなかなかの名盤ですよね。失恋して、ルームメイトとドライブに出かける時なんかにも良さそう。

It’s Time – Imagine Dragon

イマジンドラゴン!彼らの曲はなんだか、心のそこから力強さを感じますよね。エマワトソンが出ていた映画や、テラスハウスにも使われていました。

Good Life – One Republic

コロラド州から出てきた5人組のロックバンド。仕事や、学校から帰ってきた時に自然に流しておくのも悪くないかもしれませんね。

Ordinary Day – Vanessa Carlton

ピアノの音が繊細で美しい、バネッサカールトン。男女でルームシェアをしている時に流すと、ちょっぴりロマンチックな雰囲気になってしまうかもしれませんね。

Everywhere – Michelle Branch

アヴリルラヴィーン、ヴァネッサカールトンと一緒に、10代・20代の若い男女に受け入れられるノリの良いシンガーソングライター。やっぱり、この爽やかなチューンはルームメイトと意気投合しておきたいところ。

Holiday From Real – Jack’s Mannequine

ジャックスマネキンは、2000年代に流行ったピアノエモと呼ばれる「爽やかだけど、どこか切ない」曲を流してくれるメロディチューン。とにかく爽やか!

Rock N Roll – Avril Lavigne

今、20代後半にかかるといった方にはアヴリルラビーンを聴いて、ぐっと来る世代のはず。ロックンロールは比較的、最近の曲ですがノリノリです。

Butterfly – 和田光司


個人的に、一番はこのバタフライ。実際に、ルームメイトとよく聴いていた音楽でもあります。同い年だと、子供のころに見ていたアニメの話にはきっとなるはずです。デジモンはまさに世代だったので、よく聴いていました。

聴き流せるような洋楽の爽やかなメロディもいいものですが、ぎこちない翼で飛べるようなアニメの曲も良いものです。あ、この曲よく聴いていたよね!なんて、すっかりお互いの懐かしい気持ちに浸ってしまうこと間違いありません。ルームメイトにオススメの音楽を尋ねてみるのもいいかも。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



スポンサードリンク



スポンサーリンク
スポンサードリンク