ルームシェアたちの告白。感動エピソード集その1

sunset-hands-love-woman

寝食を共にするシェアメイト。朝起きて「おはよう」、夜寝る前に「おやすみ」、こんな会話を交わす人たちは生涯、家族とシェアメイトを他おいてないもんですよね。そこには、たまに喧嘩もあるし、すぐに仲直りがあって。やっぱり、こいつと一緒に過ごせて楽しいなと立ち返ることができる瞬間があるものですよね。

思うに、ルームシェアには一人暮らしにはありえない、ストーリーがそこにあるはずなんです。誰かと過ごして、ちょっとしたことに腹が立ち、ちょっとしたことで笑い合える。それが一緒に暮らしていくということなんです。だから、そこにはいつもストーリーが生まれるわけです。

そして、それはお互いによって誰かに伝搬されて、話のネタにもなるわけで。ここからは、そんなとあるルームメイトたちの告白があります。これは、BuzzFeedで取り上げられていたもので、ぜひとも紹介しておきたいと思ったので、ここでちょっと抜粋させてもらいます。

今回は11あるストーリーのうち、4つを紹介します。

つかの間、部屋を開けました、帰ってきたら・・・

台風のおかげで、私は電話も繋がらなくて、一週間ジャージーへ移動していました。それから、ガスの給油に2時間待って、コネチカット州の大学に4時間かけて帰っていました。アパートに帰ったころには、ようやく解放されて有頂天だったと覚えています。ルームメイトが家に帰る前には、バッグの中身を出して、シャワーに飛び入りました。ちょっと経ってから、ルームメイトたちも到着して、バスルームのドアをノックしてきました。「ジェス、お母さんから私たちに電話があったよ」と言いました。その声は、かなり深刻でした。バスルームを出てすぐに、状況を察知しました。私の弟が車椅子に乗ったまま、恐ろしい事故に巻き込まれ、ERにいるということでした。

すぐにでもボストンへ帰る方法を探し始めました。しかし、ハリケーンのせいで、ほとんどの交通網は閉鎖されていました。家までの安全ルートを見つけることはできませんでした。そして、ルームメイトは唯一のアムトラックを手配してくれたのです。

ボストンでだいぶストレスが溜まって、参ってしまった私が帰ってくると、7人のルームメイトたちが私のお気に入りご飯を作って待っていてくれたのです。そして、お気に入りのアーティストの音楽を踊って、歌ってくれたのです。私が彼らといなく寂しいのと同時に、彼らも寂しいと思っていてくれたみたいです。その瞬間に、感じた感動は、私に必要不可欠なものだと分かったのです。

msl_image_4.039
(画像出典): BuzzFeed

もし、あなたのルームメイトがクジラだったら?最高ですよ

最高だといえるルームメイトは2人ともカイルという名前でした。彼らは朝がとてつもなくハイテンションでした。起きると、カイルのうちの1人が額の上でスコーンの釣り合いをしてたんです。それから、リビングルームで誰が一番高いピッチを出せるかの競争をしたりましました。毎晩、毎晩、部屋にひれ伏せて、クジラのように叫ぶんです。いや、もうバカと鹿思えないですよね?でも、それってルームメイト同士にしかわからないものなんです。それが面白くて、今でも思い起こすと、笑っちゃいます。

msl_image_4.040
(画像出典): BuzzFeed

楽しいルームシェアはやがて、恋になり・・・

ちょっとした顔見知りとルームシェアをすることになりました。かろうじて知っていた程度の関係で、相手は一風変わった女の子でした。なんだかんだですぐに仲良くなりました。一緒に出かけたりもしました。1年経って、完全に親友となりました。一緒に料理して、運動して、旅行して、誰が最高のバンドかを話しました。ソファで時が経つのも忘れて。

そして、彼女が私の中で、最愛の人であると気づいたのです。私は彼女に夢中でした。ですが、彼女はそうではないということを悟りました。非常に落胆しながらも、暮らしをひっそりと続けていました。すると、突然彼女から、「なにか最近おかしくない?どうかした?」と聞かれました。そして、私は認めました。彼女に夢中であるということを話しました。そして、ぎこちなくやり過ごしたことを謝りました。驚いたことに、彼女もそれを感じていたのです。今では、問題なくデートをしています。

ルームメイトからの誕生日パーティが壮大すぎた。。

大学2年生のこと、おてんばなルームメイトと過ごしていました。最初は知らない人だったので、あまり進まなかったルームシェアでしたが、それ以外選択肢がなかったので。始まって、それが最高の選択肢だと分かったのは、20歳の誕生日でした。私が眠っている間に、学生食堂に私のために超巨大なバースデーケーキを用意してくれたのです。そんな誕生日はこれから、二度とくることはないでしょう。

msl_image_4.041
(画像出典): BuzzFeed

いかがでしたでしょうか。ここから、更に他のエピソードも紹介していきたいと思います。ぜひ、あなたのルームシェアエピソードも聞きたいです。

via We Asked People For Their Roommate Stories – BuzzFeed

スポンサーリンク
スポンサードリンク



スポンサードリンク



スポンサーリンク
スポンサードリンク