こんなありえないことだって、0じゃない。Yahoo知恵袋から学ぶルームシェア

pen-idea-bulb-paper

ルームシェアをやる前には、具体的にどんなトラブルが起こりうるのかを知っていることに越したことはありませんよね。たとえ、結局起こらなかったとしても、事前の対策を用意できているか、そうでないかではまるで対応が変わってくることは間違いありませんよね。

こうしたルームシェアトラブルに関しては、どんなルームシェア入門よりも実例を見ていくのがベスト。一度は、このYahoo! 知恵袋で、「ルームシェア トラブル」と検索をして、一通り見ておくことをおススメさせてください。まさか、そんなことありえないだろ〜みたいなことが実際に、起こったりすることもあるわけで…。

いろいろと問題起こる前に、対処しとかないと、せっかく仲良くなった友達とも一生縁切りになってしまうこともあったりするわけです。歴史から学べというやつ。というわけで、本日はYahoo!知恵袋から抜粋して、幾つか困ったトラブルを紹介していきたいと思います。

「鍵忘れてきたから戻ってきて。」いやいや、勝手すぎるだろ

休日の秋葉原に買い物に行こうとしたら丁度友人Aも最寄駅のスーパーへ買い物に
行くようだったので一緒に最寄駅まで一緒に行くことになりました。
友人Aと雑談をしてる内に最寄駅に着き友人Aと別れて私は電車で秋葉原に向かいました。
そしてその数時間後に私の携帯に電話があったのですが非通知番号だったので無視していました
非通知番号ですが何度も掛かってくるので知り合いかも知れないと思い電話に出たら友人Aからでした。そして電話の内容が

友人A「やっと電話繋がったよ、俺だけど質問主今何処にいる?」

質問主「まだ秋葉で買い物してるけど何かあったの?」

友人A「悪いけど今から帰って来てくれるかな、家の鍵を部屋に忘れたから入れないんだよ。」

質問主「まだ買い物済んでないからもうちょっと待って。」

友人A「肉買っちゃったから出来るだけ早くし頼むよ。」

質問主「じゃあすぐに用事済ませてから行くよ、終ったら携帯に連絡するから」

友人A「携帯も忘れてきちゃったから無理だよ。」
(ここら辺から友人Aが不機嫌になり始めた)

質問主「はぁ?今どうやって電話してるの?」

友人A「番号調べて公衆電話からかけてる。」

質問主「調べる?何処で調べたの?」

友人A「不動産の人に契約書見せて貰って調べた。」

質問主「あぁ、なるほど。」

友人A「あ、それと悪いと思ったけど番号調べる為にポストにあった質問主宛ての封筒開けさせて貰ったから」

質問主「何処から来た封筒だよw」

友人A「○○保険からのやつ」

質問主「へ?」

友人A「親展のでも電話番号載ってないんだね。」

質問主「へ?親展だったの?その封筒?」

友人A「うん、そう。」

ここで電話を切ったと思います。
友人Aの行動に驚きよく覚えていません。その後家に帰り友人Aと話をしましたが特に悪いと思っていないようでした。

(出典): Yahoo! 知恵袋

いくら仲が良いとはいえ、親展の手紙を読んだりするなんて。しかも、自分が忘れ物をしたからといって、相手に迷惑をかけて、それを何も悪いと思っていないなんて。これはもはや、人間として無神経すぎる気がしますね。。いくら、慣れたからといって、シェアメイトは都合のいい道具じゃないんだから。

いやいや、出火は怖すぎる…

ルームシェアでの出火トラブルについて(長文です)
私はルームシェア物件での契約主です。
私の他に2人、シェアメイトが居るのですが、そのうち1人が先日キッチンで不注意の小火を起こしました。
幸い、早い段階で(私が)異変に気づき消火出来ましたが、出火原因であるオーブントースター及び周辺の小型電子機器が丸焦げになりました。

事件の概要としては、いつも深夜に帰宅するメイトの方が、オーブントースターにクッキーを入れ、焼き(温め?)ながらシャワーを浴びていて、クッキーが引火。
焦げ臭い匂いと立ち上がる煙で私が気づいた時にはオーブン自体から火が立ち上がっている状況でした。
(当の本人はシャワー中で気付いていませんでした…)
気付くのがあと一歩遅かったら…と思うと気が気ではありませんし、今となってはその恐怖がトラウマになりそうです。

出火の本人はその時に「ごめんなさい…」と「弁償します」と言っていますが、燃えたものだけを弁償されても正直気が済まないのです。
更に、数日経っていますがそれ以来謝罪はなく、昨日オーブントースターを購入して来たらしいのですが、元あった物よりもランク(機能)が落ちた物で、それにも腹が立ちます。。

更に更に、もう1人のメイトの話によると、出火した当人はさっそくそのトースターを使いながら、またもその場を離れて自分の部屋に居たとのこと。
※当分、家の物には触らないので欲しいと告げて、わかりましたと返事を聞いた…にも関わらずです。

その方は、今回の事件とは別として、今月末で退去される予定になっています。
生命の危険に晒されそうになりながら、また私は火傷(多少ですが)を負いながらも消火に努め、被害を抑えられたのですが、当の本人は何もしていません。

(出典): Yahoo! 知恵袋

しゅ、出火事件!?たぶん、複数人で過ごしている分、注意や責任が分散されてしまうんでしょうね。「ちょっとくらい離れても、Aさんがいるから、大丈夫だろー。」なんて発想の隙間が、とんでもない事件に広がってしまうことだってあるわけです。なにをするにしたって、要注意ですよ。

気軽な気持ちでルームシェアはいけんね。

今ルームシェアをしてて男2人女2人で住んでたんですがそれぞれ1人ずつ出て行って私ともうひとり男しか残らなくなりました。
私も出て行きたかったんですが、代わりに住む人を見つけるか初期費
用割った金額の40万置いて行くかしろって言われたんです。
でもそんな急に40万なんて払えないから借用書書けとか言われて…
両方の条件をクリアできないんで
とりあえず残ることになりましたが
逃げたりしないように実家の住所、本籍、親の連絡先全部メモされて
何かあった場合親のところには本人ではない人間が行くとのことで
正当な方法で行くわけではない気がするんです。
危ない感じの人なので早く関わりを無くしたいし、この問題も解決して家も出て行きたいんですが

(出典): Yahoo! 知恵袋

こんな状態に陥ると、なかなかショックがでかいものですね。タイミングがあって、お金的にもラッキーだからなんて、相手もよく知らない状態に転がり込んでしまったら、それが最後。そもそも信頼関係がないままで、ルームシェアを始めるなんてことが間違っていますよね。。

そんな脅しされると嫌になる。

ルームシェアの退去で揉めています。
現在夫婦と私1人の計3人でルームシェアしています。
5月末で退去の予定なのですが、同居しているご主人が一ヶ月前から契約書の原本の引渡しを求めています。
私としては相手の夫婦に不信感があり、
契約書に付随している敷金預り証を引き渡すと、
折半している敷金をすべて持っていかれるのではないかと不安で渡せないでいました。
敷金が返却される口座は1口座のみ、しかも早い者勝ちなので・・・。
すると最近になり、

「契約書を故意に返さないのであれば窃盗の疑いがあるから警察に相談する。
民事ではなく刑事事件になる可能性がある。」

と言ってきました。

(出典): Yahoo! 知恵袋

契約書の関係で揉めるところはありがちです。一緒に暮らしていて、多少不満があるならともかく、脅しを掛け合うなんてレベルまで関係が悪化してしまうと、もはや修復は不可能だと思われます。問題なく、退去できるようにしましょう。

こう見てみると、明らかに相手がおかしいばかりですよね。どっちにも非があってというケースよりも、断然それが目立ちます。まず、ルームシェアする前に相手のことをよく観察する。それがもっとも大切なことなのかもしれないんですね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



スポンサードリンク



スポンサーリンク
スポンサードリンク