役割分担すべき?ルームメイトで必要な家事6選

yakuwari

一人暮らしを始めると、お母さんの気持ちが分かるものです。料理も、掃除も、洗濯も、ひっくるめて自分でやらなくてはならないのです。これを少しでも怠ると、部屋がみるみるうちに酷いことになっていきます。ルームシェアになると、そういうわけにはいきません。共同生活で好き勝手にしてはいけません。迷惑がかかってしまうので。

今回はルームシェアで必要?要らない?役割分担についての説明をしていきたいと思います。

yakuwari

まず、ルームシェアで役割分担をするべきかどうかです。これは住む人のスタイルに依ります。それぞれがきちんと気づいた時にやれる人であれば、役割分担は必要ないです。ゴミが溜まっていたら、ゴミを片付ける。部屋が汚くなっていたら、掃除機をかける。トイレットペーパーがなくなってきたら、補充する。これができるのであれば、必要ないのですが、もし自分ばかりがタスクをこなしていると、続けば「なんで私ばっかり・・・」となってしまうこともあります。

そうであるならば、やはり役割分担をしておくと平和に過ごせるのが正解です。ルームシェアで必要となってくる役割は、最低限、掃除、生活用品の買い出し、そしてゴミ出し。それから、あると面白いというのがレクリエーション係だったり、食事係です。一つずつ見ていきましょう。

■ お掃除係

共有スペースの掃除は週に一度担当を決めて行ないましょう。一人で暮らしていても汚くなるものですが、二人以上で暮らし始めるとその汚さはどんどん増していきます。基本的には、週末あたりに曜日を定めて、代わり番で掃除当番を回していくことが理想です。

トイレ、シャワールーム、キッチン、リビングなど。気づくところは全て、掃除機をかけて、時に雑巾掛けてこなしておきましょう。

■ ゴミ出し係

地域ごとに決まっている曜日に合わせてゴミ出し当番を決めましょう。一人で暮らしているとゴミがたまることはそんなにない場合もありますが、共同生活をすると、すぐにゴミでいっぱいに。そして、生ゴミなんかが溜まると悲惨なことも起こりがちに。

ゴミが溜まっていくと、それだけで喧嘩の原因にも起こりかねないので、指定された曜日にきちんとゴミ捨てを行なうようにしておきましょう。

■ 生活用品の買い出し係

生活用品の補充は、こまめに必要です。一人暮らしをしている時も、早いスピードで切れていくので、一気に買いだめしておけるものであれば、買いだめし。やはり、役割も決めておくといいでしょう。

基本的に必要となるものは、ティッシュ、トイレットペーパー、石鹸、洗剤くらいです。シャンプーや歯磨き粉は個々で使うルールにすることもありますが、共有しているケースもあります。

■ 清算係

家賃や光熱費。生活用品の買い出しや、全員で食事をした場合に、誰がどれだけ支払うかを清算する担当者は必ずつけておきましょう。誰かが一人で共益費を抱え込まないような都度のケアはルームシェアを平和に過ごすコツとなります。

■ 料理当番

料理は基本的に、それぞれで食べることが普通です。社会人での生活になると、帰る時間がバラバラであったり、食べて帰ってくるなんてことも多いため。ですが、ルームシェアによっては、毎日の料理当番を決めてやりくりしているものもあります。

一度、料理当番を決めて動かしたこともありますが、無理がありました。週に一度、みんなで食べる曜日を決めたものはうまくいきました。外国人とする場合には、それぞれの国の料理を楽しむことができたりするので楽しいです。

■ レクリエーション係

あってもなくてもどっちでもいいですが、あるとベターなのがレクリエーション。私が以前、暮らしていたシェアルームでは月に一度予定を合わせて、住んでいたメンバー6人でどこかへ行くような催しがありました。普段はライフスタイルが全く合わないメンバーでも、その時はお互いのことを話し合い、理解し合い、とても有意義な時間となっていました。

簡単なもので、飲みに行くというものから、レンタカーを借りて遠出するようなものまで様々なレクリエーションを企画していました。せっかく、一緒に過ごしているのなら、仲良くしたいものですよね。

役割分担をするのであれば、誰か一人ばかりに負担にならないように、ちゃんと当番をまわしていけるようにしておきましょう。

当番表の例はこちらです。

yakuwari

今回、紹介した当番以外にも必要となってくる役割はあるかもしれません。共同生活は、協力し合って、共有する時間を楽しく過ごせるようにしていけるのがベスト。楽しいシェアライフを始めていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



スポンサードリンク



スポンサーリンク
スポンサードリンク