フランス行く?パリでしょ、パリ行くしかないこの夏。

parisnow

そういえば、私が初めてゲストハウスに宿泊したのは、もう5年も前のことです。当時19歳だった私は、1年間バイトで貯めたお金でヨーロッパを周遊することにしたんです。一度、修学旅行で中国に行ったことがあり、パスポートはあったものの、それ以外はほとんど経験は0の状態。ドキドキながらも航空券を取り、イタリアから、ぐるっと回って9カ国。ロンドンまでの旅を1ヶ月ちょっとで企画しました。

その頃は、初めての一人旅、ほぼ初めての海外。すべてがドキドキでした。困ったことや、言語の壁にぶち当たったところもありますが、この旅は未だに思い出すと、力になるものです。そして目を閉じて、思い起こされるのは美しい夜景や、歴史を感じさせてくれる宮殿、そしてあの旅で会った人たちのこと。

私の宿泊先にホテルはありませんでした。すべてがゲストハウス、あるいはユースホステルといわれるところ。世界中から集まった好奇心豊富な旅人たちと出会い、語らう日々はカルチャーショック!ここで、もう日本だけが世界じゃないっていうことをしっかりと落として、人生が変わったわけです。

一つ、思い出深いユースホステルで、とってもお手軽に借りることができたところがあったので、今回はちょっぴり紹介させていただきたいと思います。

パリに来るなら、セントクリストファー!

St Christpher’s Innsは、パリのユーロスター駅から近く、かの有名なモンマントルのすぐそこに位置している若者向けのユースホステルでした。特に、個人的にはサンマルタン運河を見渡せるテラスが最高だったんですよね。

入ると、いい匂いがするレストラン。ヨーロッパ近辺から遊びにきている少年たちが、フットボールボードゲームをやっているとか。歴史深いところばかり見てしまうパリの現代風な空気を感じることもできます。

[ 住所 ] 159 Rue de Crimée
[ アクセス ] パリ「Montparnasse」駅から電車で30分
[ チェックイン ] 2:00 pm –
[ 料金 ] 一泊23ユーロから
[ 電話番号 ] +33 (0)140 343 440

当時、宿泊した時の写真が残っていたので、こちらに貼り付けていきますね。

paris

paris

paris

パリは旅するなら、もってこいでしたよ!

それにしても、パリは観光地として超有名。実際に、私が訪れた場所から少しでも当時のパリを共有できればなと思います。

偉大なる砦・凱旋門

paris

シャンセリゼ通りという美しき広場を通った先にあるのが、凱旋門。Arc de Triomphe(勝利の橋)とも呼ばれ、フランスの誇り高き威光を今も放っています。もともとは、ナポレオンが帝国軍に捧げる記念碑を作るために、この凱旋門を作らせたと言います。ここをくぐれば、いい縁担ぎですね。

[住所] Place Charles de Gaulle 75008 Paris
[アクセス] メトロ1、2,6番線、RER A線 Charles de Gaulle Etoile駅
[ 料金 ] 9.5ユーロ

芸術家たちが哲学を交わした街・モンパルナス

paris

モンパルナス駅の周辺はいつでも多くの人たちで賑わっていて、どこか安心するようなところ。このモンパルナスの周辺には、サンジェルマン・デ・プレが近く、地下鉄の路線も複数乗り入れることができるので、地元の人たちもよく通っているみたいですね。ピカソをはじめとする芸術家たちが入り浸っていたカフェ、日本からも岡本太郎がよく哲学を交わしてたとこがありました。

[ 住所 ] 17 Boulevard de Vaugirard, 75741 Paris, France
[ アクセス ] メトロ4,6,12,13号線に直結

そこに勝ち組の生活あり・ヴェルサイユ宮殿

paris

1680年にルイ14世が築いたヨーロッパ最高の宮殿、それは17世紀フランス芸術を代表するものとなっており、古くからの気品を受け継ぐような作りになっています。なんといっても、ヴェルサイユ宮殿の庭園は広くて、迷いそうで、それでいてロマンチックを感じるようで、現代のどさくさを忘れさせてくれるような時間をくれました。

[ 住所 ] Place d’Armes, 78000 Versailles, France
[ アクセス ] RER C線「Versailes Rive Gauche」駅まで電車

いつか口説き落としてやりたい・エッフェル塔

paris

本当に結婚した人がいるなんてまとめサイトを見たこともあるんですけど。エッフェル塔は理想ですよね、パリジェンヌの代表じゃないでしょうか。スタイル抜群、そして昼に見る時も、夜に見る時でちょっぴり違う顔を持ち合わせているところ。本当に、美しい。

[ 住所 ] Champ de Mars, 5 Avenue Anatole France, 75007 Paris, France
[ アクセス ] メトロ6番線 Bir Hakeim 駅
[入場料 ] 大人:17ユーロ、12~24歳:14.5ユーロ、4~11歳:10ユーロ、4歳未満:無料

フランス、ヨーロッパで日本から見ると遠すぎる。だからこそ、一度の人生で見ておきたいところ。今回は紹介できませんでしたが、ルーヴル美術館もそれは感動の連続だったこと違いありません。さあ、ヨーロッパにいきましょー!

スポンサーリンク
スポンサードリンク



スポンサードリンク



スポンサーリンク
スポンサードリンク