日本で外国人とシェアをするルームメイト探し必勝法

abroad

アメリカに行きたい、ヨーロッパに住んでみたい。仕事もしていれば、そんなに衝動的なこともしてみていいんでしょうが、やっぱり難しいもの。少し、言葉を変えてみましょう。「アメリカ人に会いたい、ヨーロッパ人と住んでみたい。」これなら、もしかしたら日本でもできるかもしれません。

人間が変わる方法は3つしかない。
1つ目は時間配分を変えること。
2つ目は住む場所を変えること。
3つ目は付き合う人を変えること。

by 大前研一

もしも、外国人とルームシェアを始めれば、2つ目「住む場所を変えること」、3つ目「付き合う人を変えること」両方が解決。これは、少しずつでもきっと心境の変化があることは間違いなしですね。過去にも何度か記事を書いたことがありますが、この【外国人とルームシェアをすること】はとってもオススメ。英語を勉強したいと思う人なら、すぐに自然とそれを習得することができちゃうと思うんですよね。

<関連記事>【要注意!】外国人とのルームシェアで注意する6つの点

とはいえ、外国人とルームシェアをするためには一体どうすればよいのでしょうか。一般的なルームシェア募集サイトでも、たまーに外国人の方が投稿したり、コメントをくれるようなケースはあるのですが。実際、それが現実に繋がるようなケースは少ないようにも思います。

どうしたら、外国人とルームシェアできるのでしょうか。。実際に、こっちに住んでいる外国人でルームシェアをしている人たちに聞いてみて、ちょっと分かったことがあるので、紹介していきたいと思います。

世界でも大人気な生活情報サイトの決定版「Craiglist」を使う

http://tokyo.craigslist.jp/

こちらの記事でも紹介させていただきましたが、世界各国で使われている暮らしの情報サイト「Craiglist」は日本人には使われていませんが、外国人にはよく使われているみたいです。友人の留学生に聞いてみたところ、「まずはCraiglistで検索を始めた」とのこと。

日本語で検索をすることもできれば、Craiglistから「ルームメイト募集」の掲示板書き込みをすることもできるそうです。もちろん、本家となるアメリカやカナダに比べると募集件数は圧倒的に少ないもなのですが…。

日本在住外国人に向けたフリーペーパー「METROPOLIS Classifieds」から探そう

http://classifieds.metropolis.co.jp/

日本在住である外国人によく読まれているフリーパーパーの老舗となるのが「METROPOLIS」。サイト内で条件を加えて、ルームメイトを募集することもできます。ContactFormがページそのままについていて、気になったら、すぐに連絡を送ることができるのも特徴です。

住居に特化したサイトというわけではないので、日本の生活に興味があるような層にアタックすることもできます。もし、条件が合えば、特にルームメイトを探しているわけではないけど、あなたと住んでくれるような人からメールが届くかもですね。

まずは、在留日本人のコミュニティ「Meetup」に参加してみよう

http://www.meetup.com/ja-JP/esl-20/events/232193438/

インターネットで探すのは早いし、楽ですが。最初はコミュニティに参加してしまうことが一番。海外に住んだことがある人なら分かると思いますが、自分にとって異国の地にきたら、けっこうその母国同士で固まったりしてしまうものなのです。

Meetupでは、そうした集まっている東京の外国人たちが頻繁に顔を出しており、すぐに友達になれるようなことが多いです。外国人の多くは最初、レオパレスなど月額制のちょっとお高めな物件に泊まらざるを得ない状況にあり、一緒に暮らせるような人を常に探しているようなこともあります。それは、まさにチャンスですね。

まずは、アクションを起こしてみなければ、環境を変えていくことはできないものです。住む住まないは別として、気になる人はまず、Meetupの参加あたりから挑戦してみてもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



スポンサードリンク



スポンサーリンク
スポンサードリンク