「分散型の労働」行動がもっと生活を豊かにTaskRabbit

taskrabbit

アメリカサンフランシスコでは、「シェアリングエコノミー」をテクノロジー側から展開をしている節があります。数々のベンチャー企業がこの領域に挑戦しています。便利だけではなく、どこか困った時にすぐにお互いが手を取り合えるような社会が、コミュニティのように捉えられています。

TaskRabbitは、困った時に猫の手を借りることができるサービス。厳密には、猫ではなくウサギですが…。これは、洗濯、料理、犬の散歩のような家事代行から、人気のお店に代わりに並んでもらったり、カメラマンを手伝ってもらったり、何でも屋をスマフォの数タップで召喚することができちゃうのです。

今回紹介するTaskRabbitのURLはこちら。

創業者であるLeah Busque氏は、主婦だったのですがある雪の日の夜に「誰かが代わりに、犬の餌を買いに行ってくれないかな。」と考えたことに着想を得て、TaskRabbitを生み出しました。これは怒涛の勢いで、普及しており、世界規模でコミュ二ティを形成しています。

それでは、TaskRabbitの使い方を見ていきましょう。

どんなことをお願いしたいかを探しましょう

https://www.taskrabbit.com/

人気の雑用リストから探すこともできれば、リクエストを新たに作って提示することもできます。もう準備万端っていうラビットをすぐに採用することができるのが、最大の特徴。自分が頼みたいことをきちんと伝えるようにしましょう。

お願いするラビットを見つけましょう

https://www.taskrabbit.com/

当日、もしくは来週。直近なんかでもokで、対応できるラビットを探しましょう。ラビットに登録している人はどんどん増えています。あなたのお願いを完璧にこなすことができる、ぴったりなラビットがきっと見つかるはず。

タスクを完全コンプリートさせちゃいましょう

https://www.taskrabbit.com/

アプリの中で直接、予約を管理することができちゃいます。助っ人であるラビットとチャットしながら、微調整をすることができます。タスクを完了してもらったら、電子決済が自動で行われるので、非常に便利です!

冒頭に話したように、困った時に「誰か」が助けてくれる社会が現実化されつつあるのですね。その誰かは今まで、時間に余裕のある友達だったのが、友達や知り合いの幅を超えて、それができるリソースを持っている人ということになってきわけですね。

お互いができることや、そのタイミングを共有することで、新しい「シェアリングエコノミー」が幕開けされていくのですね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



スポンサードリンク



スポンサーリンク
スポンサードリンク