失敗してしまったシェアサービスBlackJet

blackjet

BlackJetは、オンデマンドのプライベートジェットを予約することができました。実際、プライベートジェットといえば金持ちの移動手段というイメージが強いのですが、数回使っただけですぐに寿命がきてしまうことから、勿体ない買い物となっていました。これを運用すれば、普段の数十倍も稼働させておくことができるのです。

プライベートジェットは便利です。通常であれば、4時間以上かかってしまうサンフランシスコ・ロスアンゼルス間をなんと2時間ちょっとで移動することができることなんかも。ここに着目したUberの投資を行ない、自身も起業家であるGarret CampはBlackJetを始めました。

しかし、失敗しました。
サービスは、2016年5月で終了。。

どうやら、発想はよかったのですが、経営的な問題に直面したんだとか。せっかくなんで、追悼ではないのですが、BlackJetが目指した世界観と理想をもとにした使い方を説明していきたいと思います。

blackjet

BlackJetでは、プライベートジェットの座席予約、最も手頃な価格のプライベートジェットのチャーターソリューションを提供しています。秒単位で、空いている席を確認します。FAAまたはDOTによって許可されているプロの航空機事業者によって提供されてます。そして、座席サービスとチャーターの提供に関連する予約コンシェルジュ、物流、メンバーシップを取り扱っています。

blackjet

それから、メンバーシップを登録をしなくてはいけません。
メンバーシップになると得られた特典は…

・プライベートジェットでの空室状況確認システム
・アメリカ国内間での安全移動
・座席を予約することができるシステム

Uberの時と、ほとんど変わりませんが、年会費がお高いみたいですね。

blackjet

試しにデモで計算をしてみました。
San Franciscoから、LosAngelsまでを一人で飛ぶと…
なんと、1,616ドル!!日本円で約20万円、おそらく航空券だと200ドルくらいだと思うので、そこを比較すると高いものですが。プライベートジェットの体験と、移動時間を考えると、これくらいが妥当なのかもしれませんね。

日本でプライベートジェットを使うケースってあるのでしょうか。ファーストクラスなんかより、ずっとずっと高いですからね…。調べてみると、距離にも依りますがファーストクラスが100万~であるのに対して、プライベートジェットはまず購入するのに25億!そして、維持費がなんと1,2億!!ありえない。。

このサービスをやってみるのも、面白いかもですね。金持ちシェアリング!

スポンサーリンク
スポンサードリンク



スポンサードリンク



スポンサーリンク
スポンサードリンク